会社設立登記

会社設立登記などを無料で代行してくれる会社

会社設立の流れの中で一番苦労するのが定款を定める作業です。
定款は会社の憲法とも言われている重要な書類であり、定款の中で定めた事は後に効力を持たすことが出来るなどのメリットが在る事からも、会社設立を行う場合には定款をしっかりと定めておく必要が在ります。

合同会社を設立する場合は、定款を定めるだけで良いのですが、株式会社の会社設立の場合は公証人役場での定款認証が必要になります。
定款の認証を得た後は、資本金を払い込んでから通帳を記帳し、払込証明書類の作成を行います。
後は、登記所での会社登記申請や登録免許税の納税、実印の登録と言った手続きを行う事で会社設立は完了となります。
しかし、これから会社を運営する上で、手続き等の時間を他の事に利用したい、定款を定める際にアドバイスを受けたいと言ったケースも在ります。

会社設立を代行してくれる会社が在りますが、設立代行を手掛ける会社と言うのは行政書士が在籍をしている事務所などであり、会社設立における必要な手続き全ての代行を行ってくれます。
そのため、設立代行を手掛ける行政書士に依頼をすることで設立を行う人は設立後の会社の準備などを進める事が出来ますし、面倒な申請書類の作成から届けまでを一貫して請け負ってくれるなどのメリットが在ります。

尚、代行を行うため費用が必要になるのですが、会社設立の代行会社の中には無料で全ての業務を代行してくれる会社も在ります。
無料で行ってくれるので、特別な費用などを考える事無く、定款認証手数料や登録免許税の税金、実印の購入や登録費用を用意しておけば代行会社に支払う費用が無料になると言ったメリットが在ります。

設立登記を無料で行ってくれる会社と言うのは設立後の会社の顧問税理士などとしての役割を持つと言った目的があるからです。
会社の中では税金における諸問題が起きるため、節税などのためのアドバイザーとなってくれる顧問税理士を利用するケースが多く在ります。

税理士は税金の相談、税務書類の作成、税務署への書類申請手続きなどを代行する事が出来る、税理士の独占業務を担う事が可能になる職業で在り、行政書士などが在籍をしている事務所には行政書士や税理士、フィナンシャルプランナーと言った専門職の士業の資格を持つ人々が在籍をしており、会社設立だけではなく、設立後のアドバイザーや書類の作成、書類申請手続きなどを代行してくれるなどのメリットを持ちます。”

Copyright(c) 2016 会社設立登記などを無料で代行してくれる会社All Rights Reserved.